icebergに囲まれて

iceberg.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 16日

初めてのお茶事

茶道のお稽古に行くようになり早8年
少しずつ茶の湯とは何なのか分かるようになって気がします。
そこでまたずうずうしく「茶事がしたい」と思ってしまい
社中のお姉さまに相談すると、とんとん拍子に話が進み
拙宅にて茶事をさせていただくことが出来ました。

f0180379_12583294.jpg


もちろん一人で出来ることではありませんので
水屋には心強いお姉さまが3人入ってくださり、懐石のメニュー決めから
お道具、準備、全てお手伝いしてくださいました。

f0180379_13003081.jpg

テーマは「重陽の節句」別名、菊の節句です。

今までお茶事に呼んでいただいたことはあったのですが
本格的に水屋に入るのは初めてで
こんなに大変だとは思わず、いっぱいお勉強させていただきました。

f0180379_13023646.jpg


「ご馳走とは走り回って材料をそろえておもてなしすることを言うのよ」と
昔はスーパーなどないから新鮮な季節の物を集めるのは大変だっただろうな・・・・

f0180379_13044662.jpg

懐石料理の軸になるお出汁も大きなお鍋いっぱいに取りました。

f0180379_13055738.jpg


懐石料理も一から作ったのは初めて!

f0180379_13073640.jpg


燗鍋にも茶筅で露打ちします

準備の段階では「ちゃんと出来るのだろうか・・・?」と心配だったけれど
始まってしまえばあっという間の4時間。
腰掛待合も準備したのでお天気が心配だったけれど、空の神様も味方してくれて
茶庭に水打ちしなくて良い程度の雨が。

全て、社中の皆様のおかげで滞りなく終りました。
反省点はレポート用紙10枚以上あるかな? 笑

f0180379_13143750.jpg

五郎はお客様がいらしている時も相変わらず。

けれど帰られる時はちゃんと愛想を振りまいてくれました♪


f0180379_13154417.jpg


後日、届いたお客様からの手紙に感涙。

「日をかけて 手をつくされたもてなしに 座して初秋の心満ちゆく」

もっともっと精進しなくては!
茶道は本当に素晴らしいなあ


[PR]

by iceberglove | 2015-09-16 13:22 | 茶道


<< 秋のハウステンボス      えいがのはなし >>